トップ / 夏前にビキニラインを医療脱毛

VIOの医療脱毛とは一体

最近の水着はセパレーツ型、ビキニタイプが主流です。それに着替えなどには水着はワンピース型よりもセパレーツ型の方が圧倒的に便利!やはり海やプールに行くなら間違いなくビキニを選ぶという女性が多いことでしょう。

そんな水着を着る機会に、もっとも女性たちが気になるのが、いわゆるVライン、正面から見たビキニラインの部分のムダ毛の処理ですね。けれど、場所が場所だけに、プロとはいえ他人の手にゆだねることに気が引けて、セルフケアでどうにか脱毛処理をしようと頑張る女性が多いようですが、それはとても危険な行動です!

ビキニラインはデリケートゾーンとも呼ばれるとても刺激に弱い部分ですから自己流のケアでは、思わぬトラブルを招いてしまうことも多いのです。例えば、手足と同じようにカミソリやシェーバーを使用する人は多いでしょう。しかし、他の部位以上にカミソリ負け(肌が赤くプツプツとした状態)を起こしたり、赤いブツブツが残ってしまったりすることがよくあります。毛を剃ると同時に肌の角質を削っているともいえる行為なので、肌の負担は相当なものです。この刺激を受けて肌を保護しようとメラニン色素が集中し、そのまま残った場所は色素沈着をおこし黒ずみが目立ってきます。そして何より剃った毛が伸び始めたころのチクチクとしたかゆみは本当に不愉快なものです。
同様に毛抜きの処理も肌の負担が多いうえに、抜けきれなかった毛根が残り埋没毛になってしまうことも。ワックスやテープを使う方法もありますが、はがす時の痛みやはがすタイミングを計ることが難しいようです。
このようなリスクと確実な脱毛効果を期待するのであれば、やはり専門家の手を借りることを検討してみるのがベターかもしれません。それも医療機関での施術による永久脱毛なら安心ですね。医療脱毛にはレーザー機器を使用するのが一般的です。痛みがあるというのが通説でしたが、機器の技術は格段に進んでおり、ダイオードレーザー方式の機器は大幅に痛みが軽減されています。よく病院からの事前説明を確認することをお勧めします。

Copyright © 夏だ!海だ!医療脱毛だ!. All rights reserved.